ペット保険の加入で未来を見据える|飼い主の愛情表現

引き渡す前の行動

ファミリー

プランの種類

ペット火葬を行う場合、訪問してくれるのが引き取りプランであり、葬儀場まで向かうのが持ち込みプランです。ペットが葬儀会社の人の手に渡った後は、前持って決めた個別火葬か合同火葬を行います。この流れは引き取りも持ち込みも変わりません。個別の場合、火葬の後に拾骨に移ります。それから骨を自宅に持って帰る人もいれば、ペット墓地や納骨堂に骨を置く人もいます。個別では大切なペットの骨を身近に置いておくことが可能ですが、合同のペット火葬ではそれが困難となります。しかし、決められた場所に埋葬され、お参りはいつでも出来るので安心です。

最後の行動

ペットメモリアルなどでペット火葬を行うのは、ペットにとっても飼い主にとっても良い事だと言えるでしょう。最愛のペットが亡くなると、飼い主は大きなショックを受けて正常な判断が出来ないかもしれません。正しい方法で埋葬されないとペットは可哀想ですし、浅く埋めてしまうと野犬や野良猫の被害に遭う可能性もあるのです。ですので、正しい知識を持ったペットメモリアルの会社に任せたほうが安心でしょう。また、ペットが亡くなった際に、飼い主がしてあげられる最後の行動があります。まず、季節が夏ならエアコンで涼しい環境を作ります。亡くなったペットをタオルなどで包む前に、保冷剤で冷やしてあげます。引き取りプランでも持ち込みプランでも、ペットが葬儀会社の人の手に渡るまではこの対応が適切です。ペット火葬の際には、ペットにつけていた首輪や衣服、好きだった食べ物やオモチャなども用意すると良いでしょう。